Weblasts

WordPress

WordPressを紹介しますがその前にCMSについても触れないといけないので触れておきます

CMSとは

Contents Management System(コンテンツ・マネージメント・システム)の頭文字をとった略称です。
web制作に必要な専門的な知識が無くても、webサイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステムのことを言います。
新しい情報を発信していくスタイルのWebサイトであれば、CMSを使うとこの作業がとても速くなるのでCMSがよく利用されます。

サイトに新しいページを追加したいと考ます
考えられる手順は

1. HTMLを作る

2. 新しいHTML用のcssを追加する

3. imgも必要ならば用意する

4. サーバーにアップロードor上書き

ざっくり見てもこんな感じです 必要ならばJSを追加しなくてはならないし、そもそも知識がないと実現できません。

CMS(WordPress)を利用した場合

1. Webブラウザに記事の文章を入力する

2. 使う画像をアップロードする

3. 公開ボタンを押す

というような感じで、特別な知識を必要とせず、サイトの更新や、構築(テーマと呼ばれるテンプレートを使った場合)が簡単に実現できます。

CMSのメリット

  • 更新作業には専門的な知識を必要としないため、クライアントが直接更新作業をできる
  • Webブラウザと通信できる環境があればどこでも更新作業ができる
  • 上記2点から作業スピードが速くなる

CMSデメリット

  • CMSから更新作業の操作する方法を学ぶ必要がある
  • ページごと大幅なデザイン変更をしにくい
  • セキュリティの面で不安がある(IDとパスワードでログインして作業する形なので破られると乗っ取られる)

CMSに向くサイト

情報発信を多く必要とし更新頻度が高い場合や、webサイトの規模が大きい場合特に有効だと言えます。

  • コーポレートサイト
  • ニュースサイト
  • ブログサイト
  • ECサイト(専用のcmsを使ったほうがいい)

CMSに向かないサイト

ページ数が少なく、更新頻度も少ないサイトや、デザイン性の高いページを必要とする場合CMSを導入する必要は薄いと思います

  • ランディングページ 
  • プロモーションサイト
  • オウンドメディアサイト

WordPress

代表的なCMSが今回紹介する「WordPress」になります。
WordPressはオープンソースで利用が無料、誰でも自由にカスタマイズできるCMSで、元々はブログを作るために作られてきたようです。
システム部分にはPHPというサーバー内で動く言語が使われていますので利用するにはWebサーバーが必要になります
世界で使われているCMSの60%近くのシェアを誇り、日本では80%近くに上る最もメジャーなCMSです。

WordPress日本でのシェア

参考 ※ 2020年1月時点のデータです

WordPressのメリット

特別な知識がなくてもページを追加、更新できる

WordPressは記事の管理画面が、よくあるブログサービスのようなインターフェースで設計されているので、直感的に記事の追加や編集、画像や動画の挿入ができます。
特別な知識は必要ありません

管理画面のUI


形にこだわらなければWEBサイトの構築が簡単

WordPressのサイトを作る場合サーバーが必要です。
大体のレンタルサーバーには「かんたんインストール」という設定をすべてしてくれる機能が備わっています。
WordPressはデータベースという、記事のデータ(記事のタイトルや本文、画像のパス)が入れておく収納スペースのようなところから、ページの読み込みごとにそのデータを探して取ってくる動きをするのですが、これらの設定も自動でサーバー会社が行ってくれます。

プラグインが充実していて拡張性が高い

お問い合わせフォームを設置したいというときに、HTMLであればPHPを使ってプログラムを作る必要がありますが、WordPressの場合はそれが不要です。
プラグインが豊富に用意されているので、そのプラグインを探してきて「インストールする」ボタンを押し、「有効化」するだけで実装できてしまいます。

WordPressのデメリット

表示スピードが若干遅くなる

HTMLは、ページごとにコードを書いたファイルをサーバーに置いてあるだけです
ページを表示する場合そのファイルを表示するだけなのでスピードが早いです。
WordPressは、ページごとに利用するテンプレートファイルを選定し、 データベースからページ内に表示するデータを探して取ってきて出力しページを構築するため、HTMLに比べると表示スピードがどうしても遅くなってしまいます。

セキュリティの心配

WordPressはログインして記事の追加や修正を行います
ログイン画面に、IDとパスワードをランダムに超高速に試されたり、総当たり( ブルートフォースアタック)で試されることで、不正ログインされてしまう可能性もあります。

Recommend Post