Weblasts

WordPressのインストール方法をざっくりと

ここでは、WPのローカルサーバーへのインストール方法を紹介します。

ワードプレス導入方法

1.公式サイトからダウンロード

公式サイトはここダウンロードしたら解凍しておく

2.サーバーへアップロード

解凍出来たらサーバーにアップロードする。

今回はローカルで作業を進めていくの→xampp>htdocsの中にファイルをフォルダごと移動させる。この時フォルダ直下にワードプレス用のファイル群がある状態でないとうまくいかない

3.ワードプレス用のデータベースを用意する

ワードプレスは記事の内容などをDBに保存してくれるのでDBを用意してあげる必要があります。新しく作るときはphpmyadminから操作して作りましょう。照合順序を「utf8_general_ci」にするのを忘れずに。

4.インストールする

インストールするにはブラウザでアップロードしたワードプレスのファイルにアクセスしなければできません。ブラウザのURL入力欄に「localhost/wpが入っているフォルダ名」を書き込んでアクセスをし、各種設定をしていきましょう。

最初の設定画面

ここは主にDBに関する情報を記入していく

あくまでもローカル環境にインストールする手順 サーバなら各情報に置き換えるなり、サーバーから提供されている簡単インスストールを使えばいい

データベース名用意したデータベースの名前を記入
ユーザー名xamppなら『root』
パスワードDBに接続するためのパスワード
今回はxammpなので空欄にする
データベースのホスト名xamppなら「localhost」
テーブルの接頭辞ワードプレス用のテーブルに識別用の文字列を入れることができる。

各項目の記入ができたら送信ボタンをクリック

移動先での設定

移動先のページではサイトについての設定をする。内容に関してはすべて自分で自由に決めていいので記入して送信する。ここで決めたユーザー名とパスワードはログイン時に使うものなので忘れないようにしましょう

この場合はテーブルの接頭辞をワードプレスのサイトごとに変えてインストールするようにしてください。

パスワードについて

サーバ上にワードプレスのサイトを上げると誰でもサイトにアクセスできるようになります。
ある程度の知識をもった人間ならログイン画面を開けてしまいます。
もし、ログインできてしまったらサイトは乗っ取られてしまいます。
サーバーにアップロードするときは出来るだけ破られにくいパスワードを設定するようにしましょう。