Weblasts

HTMLで必要不可欠なタグ

HTMLを記述する際に書き方の決まりとして、記述しなければならないものがあります。
それが以下のタグ群でとても大事なことなのでぜひ覚えていただきたいです。

<!DOCTYPE html>

「宣言文」と呼ばれ、もともとは、バージョンなどを識別する為に用いられたもの。

最新のHTML5では、上記の形式で記述する。 (厳密にはなくてもいいことになっているのだが、ないと「古いHTML」として処理されてしまうため、短く記述するのが一般的。)

閉じタグがない。

<html></html>

HTML文書全体を囲うタグ。

HTMLでは、タグの中に、さらにタグを入れることができ、外側のタグを「親」、内側のタグを「子」と表現する。
いちばん外側に書かれるhtmlタグは、すべてのタグの「親」ということになります。

<head></head>

htmlの設定に関わる記述をしていくタグ。

この中のタグは基本目には見えないが、ほとんどが重要な役割を持っていて、 ルール上、headタグの中にしか入れられないタグが複数存在する。

<body></body>

実際にマークアップしたものを表示される部分を囲むタグ。

<title></title>

ページのタイトルを記述するタグ。

Webブラウザで閲覧する際、この中に書かれたテキストが、ウィンドウやタブに表示される。
headタグの中でしか使えず、必ず一つは記述する必要がる。

<meta>

ページの情報(メタデータ)を記述するタグ。

今回は、このタグを用いて「文字コード」を指定し、「作者」「概要文」などの設定ができる headタグの中でしか使えず、閉じタグがない。

※このタグには更にいろいろな機能があります。