Weblasts

覚えておきたいWPテンプレートタグまとめ

テンプレートタグとは?

WPにおいて何かを表示させたり、何かを取得したりするときに使うPHPで作られたWP専用の関数のことを指します

使い方はPHPの開始タグと閉じタグの間に書き込むだけ
ほとんどのテンプレートタグには()が付き()の中にはパラメータを入れて使います(パラメータは省略もできる)
※()自体は省略できない

覚えておきたいもの

これらのテンプレートタグや処理は必須のものになります

パラメータ 出力内容
name 「設定」→「一般設定」サイトのタイトルを出力
description 「設定」→「一般設定」キャッチフレーズ・このサイトの簡単な説明を出力
admin_email 「設定」→「一般設定」メールアドレスを出力
個人情報は出力したくない
url 「設定」→「一般設定」サイトアドレス (URL)を出力
wpurl 「設定」→「一般設定」WordPress アドレス (URL)を出力
stylesheet_directory スタイルシートディレクトリのURLを出力
stylesheet_url スタイルシートのURLを出力
template_directory テンプレートファイルディレクトリのURLを出力
template_url テンプレートのURLを出力
atom_url AtomフィードのURLを出力
rss2_url RSS2.0フィードのURLを出力
rss_url RSS0.92フィードのURLを出力
pingback_url ピンバックのURLを出力
rdf_url RDF/RSS1.0フィードのURLを出力
comments_atom_url コメントのAtomフィードのURLを出力
comments_rss2_url コメントのRSS2.0フィードのURLを出力
charset 文字コードを出力
html_type メディアタイプを出力
language 言語を出力(ja)
text_direction 設定されているテキストの向きを出力
version WordPressのバージョンを出力

投稿個別ページや固定ページで使うテンプレートタグ

サイドバーで使えるもの

カスタム系で使えるもの

functions.phpに入れて使うフック関係

コピペ推奨

一覧系のページで使えるもの

パラメータ画像サイズ
thumbnailサムネイルサイズ
medium中サイズ
large大サイズ
fullフルサイズ

サブループ

テンプレート内に自分好みのループを入れるならサブループ 流れは

  1. ループ用の設定を配列にまとめる
  2. 設定をWP_Queryに渡しつつ結果は変数に
  3. 変数の情報をループ内のテンプレートタグに渡してあげる
  4. ループの閉じ直後で投稿データをリセットする

設定で指定できるものはたくさんありますが、最低限この二つ

post_type 取得する記事の種類を指定
post・・・デフォルトの投稿機能
page・・・固定ページ
投稿タイプスラッグ・・・カスタム投稿
posts_per_page 何件表示するかを数値で指定

参考サイト

設定に使えるものは大体下のリンクにのっています
ちょいちょい忘れる『WP_Query』の使い方 これは便利!WordPressのWP_Queryでよく使うコードスニペット

インクルードタグ

パーツテンプレートを読み込むタグはインクルードタグと呼ぶことが多いです ここで紹介しておきます

Recommend Post